DM便 クロネコヤマト

クロネコヤマト[ヤマト運輸]DM便を送る方法と注意点

更新日:

クロネコヤマトでDM便を利用して発送したい。

クロネコDM便は法人契約をしてから利用できます。

法人契約するまでの流れ、契約時の注意点、ポイントなどをまとめてみました。

スポンサードリンク

■意外と知られてないヤマト運輸を利用する時に便利なツールの紹介記事■ ■引越しを考えている人へ 見積り比較で最大55%OFFも■

クロネコヤマトのDM便を使う前に確認すること

クロネコDM便は平成27年3月31日をもって「個人」での発送が廃止になりました。

一般企業、団体、個人事業主、法人などでサービスドライバーとDM便契約を交わしてから利用可能になります。

DM便を利用する時の流れ

DM便の法人契約を交わしてから利用できるようになるので、サービスセンターに連絡してサービスドライバーに来てもらって下さい。

その時に、契約内容、料金がいくらになるのかなどを確認してください。

契約内容が決まると書類などを記載します。

契約時は、DM便の中にどんな物を入れるか等、事前に書類に書いて契約します。(サービスドライバーは、信書などが無いか確認します)

契約時から利用できるまでに日数がかかります。

すぐに使えるわけではありませんので、利用したい時にあわせて事前に法人契約しておくのをおすすめします。

梱包はどうすればいいの?

梱包は、紙の封筒でもビニール素材でできている封筒でも発送することが可能です。

DM便が迷子にならないように住所と宛名はしっかりと記載して下さい。

  • DM便の対応サイズは
    ・3辺の合計が60㎝以内
    ・最長辺34㎝以内
    ・重量1kg以下

になります。

セールスドライバーが集荷してくれるの?

セールスドライバーが集荷します。

ほとんどの企業は普通便などと一緒に集荷したり、DM便が多い所は毎日集荷などします。

DM便の法人契約をする時に一緒に集荷日時も決めておいて下さい。

スポンサードリンク

DM便の料金について

DM便の料金は法人契約時に、DM便の量や、発送回数などで決まります。

全国どこでも一律の金額で、最高金額で164円です。

料金的にはかなり安く発送できます。

DM便に向いている使い方

DM便はカタログ、パンフレット、チラシなどの販促物などを全国に発送するときなどに適しています。

受取りの受領印などをいただかない、ポスト投函のみのサービスになります。

販促物を送るのは適していますが、重要な書類、貴重品などを送るには適していません。

例:購入済みの書籍やアクセサリーなどです。

DM便で信書は送れません

クロネコDM便では信書は発送できません。

信書は法律で決められた送り方でしか発送できないので、どうしてもという方は郵便局の方で信書を送って下さい。

信書を初めて聞いた方、わからない方は、信書について詳しく説明した記事がありますので確認してみて下さい。

>>信書の送り方と注意点|あまり認知されていない信書もあるのでご注意を

DM便が届く日数

DM便は距離によって届く日数が違ってきます。

発送した地域から400キロ以内の地域だと3日目にポスト投函になり、400キロ以上の地域は4日目の投函です。

何らかの理由でポストに投函できず不在連絡票が入っていた場合は、再配達依頼をした翌日の投函、または手渡しになりますので少し日数が長くなります。

スポンサードリンク

まとめ

  • DM便は一般企業、団体、個人事業主、法人などは利用可能ですが、個人では使うことができません。
  • DM便はカタログ、パンフレット、チラシなどの販促物などを全国に発送するときなどに適しています。
  • クロネコDM便で信書の発送はできません。

DM便はセールスドライバーと法人契約をしてから利用できます。

全国どこでも一律の金額で、最高金額で164円です。

AM便はポスト投函のみのサービスになります。

■当サイトの情報について■
こちらのコンテンツは当ウェブサイトが調べてまとめた内容のため、ヤマト運輸様でサービス内容変更などにより情報が古くなっている場合があります。随時新しい情報に修正しておりますが、古い情報のままの場合もありますので、ヤマト運輸様公式ページを再度確認お願いします。
 

【引越しの予定がある、引越しをしたいと思っている方へ】

引越し業者なんてどこも同じ料金だと思って見積り(比較、検討を)後回しにしていませんか?

引越しの見積りは複数の業者を比較することで最大55%OFFになって事例もあります。


(タップで拡大)

でも、複数の業者で見積りとるのはめんどうですよね。

実はそのめんどうな見積り比較をやってくれるサイトがあるんです。

それが引越し達人

このサイトで見積り比較をするだけで最大55%オフになることも
▶▶どうして55%OFFになるのかその理由を見る 

引越しをするのはまだ先でも見積りだけは先に取り寄せるべきです。

それは、後にすればするほど、引越し代がどんどん高くなってしまうからです。

引越し料金の交渉は難しいのですが、このサイトで比較見積もりを取り寄せると特典として「引越しの交渉術ガイド」がもらえちゃいます。

引越しの料金についてわからない人はすごく助かりますよね。

見積り比較の登録はカンタンでしかも60秒でできます。

全国どこでもWEBから無料でお見積り可能。24時間受け付けているので深夜でも早朝でも安心
まずは一括見積りから始めてください。

▶▶とりあえず60秒で無料見積もり比較をしてみる。

■意外と知られてないヤマト運輸を利用する時に便利なツールの紹介記事■ ■引越しを考えている人へ 見積り比較で最大55%OFFも■

-DM便, クロネコヤマト

Copyright© 配送豆知識.com , 2018 All Rights Reserved.